車の任意保険の必要性とは?

任意保険って、必要ですか?

車の車検を通すときに自賠責保険の保険料を納めます。ご存知ですか?

 

車を運転する人には必要な保険ですが、任意保険と重なっていると思いませんか?
自賠責保険は事故の被害者の身体の怪我や障害、死亡に備えるためのものです。

 

しかし、十分な額が保障されているわけではなく、最低限の保障です。
車に乗るなら加入すべき任意保険ですが、未加入で事故を起こす人もいます。

 

任意保険に未加入ですと、相手に支払うべき賠償金も支払えず結局被害者が泣き寝入りするケースが多いのです。
そんなことがないように作られたのが、自賠責保険なのです。

 

しかし、相手の車、自分の怪我、自分の車までは自賠責保険で補償されません。
だからこそ任意保険は必要なのです。

 

任意保険の中でも、対人補償・対物補償は事故相手に対する補償ですが、実は自分の将来を守る保険でもあります。
事故で相手に傷害が残ってしまったら、1億円の損害賠償命令が下るかもしれません。

 

対人補償の無制限であれば保険会社が支払ってくれますが、未加入だった場合は自分で支払っていかなければなりません。
ですから、任意保険は必要なのです。