任意保険と等級

任意保険と等級の仕組み

任意保険と等級の仕組み

 

自動車任意保険には、等級というシステムがあります。

 

自動車任意保険に始めて加入した時は6等級からスタートします。そして1年間無事故であれば、1等級上がって7等級になります。
等級があがると保険料がどんどん割引されるため、車に乗ってすぐの若者と10年間無事故であった人との保険料にはかなりの差が生じるわけです。

 

ということは、逆に事故を起こして保険を使用した場合は、等級が下がって保険料がアップするということです。
どのくらいダウンするかというと、事故の種類にもよりますが3等級ダウンの場合と1等級ダウンのものがあります。
あまりに事故が多いと、保険会社に加入を断られることもあります。

 

こんな等級システムがあると逆に保険会社を簡単に変えられなくなりますね。
しかし、この等級システムは保険会社が変わっても使うことができます。
20等級の人は20等級のままで別の保険会社に変更することができるのです。